スポンサードリンク

院内感染か? がん患者6人死亡

神戸市立医療センター中央市民病院にて

19人が耐性緑膿菌に感染し6人が死亡してしまったようです。

院内感染の可能性が極めて高いと思われ、

病院の管理体制が問われます。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080411-00000107-jij-soci

耐性緑膿菌19人院内感染か=がん患者6人死亡−神戸市

 神戸市立医療センター中央市民病院で、昨年9月から今年3月末までに19人が、耐性緑膿(りょくのう)菌に感染していたことが11日、分かった。このうち、白血病や悪性リンパ腫などのがん患者6人が死亡している。同病院は外部の調査委員会を設置し、院内感染の可能性や感染原因などについて調べる。

ピンクリボン運動で東京タワーがピンク色に

http://headlines.yahoo.co.jp/?a=20071001-00000002-hsk_rp-l13.view-000

引用元:yahooニュース 10月1日23時40分配信 六本木経済新聞

東京タワーが「ピンクリボン」の一環でピンク色にライトアップ
されたそうです。

乳がんは、早期発見が大事です。
検査等は面倒臭いと思いがちですが、大事な体です。
定期的に検診を受けるようにしましょう!!

>> エスティ ローダー グループ オブ カンパニーズ(千代田区)は
>>10月1日夜、東京タワー(港区芝公園4)をピンク色にライトアップした。

>> ライトアップは、同グループの乳がん早期発見を啓発する
>>「ピンクリボン」運動のアピール活動として2000年から開始した
>>「グローバルランドマークイルミネーション」の一環として実施するもの。
>>これまでに、「エンパイアステートビル」、「ロンドンアイ」、
>>「ピサの斜塔」など世界の有名な建造物をライトアップしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/?a=20071001-00000002-hsk_rp-l13.view-000

乳がん:赤ワインでも発がん性あり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000127-jij-int


米保険大手カイザー・パーマネンテが27日発表した調査結果に
よると、女性が毎日飲酒した場合、乳がんになるリスクが拡大
する傾向が確認された。酒の種類を問わず、健康に良いとされる
赤ワインでも発生率が高まった。
 調査は約7万人(うち2829人が乳がん発病)を対象に実施。
ワインなどを毎日3杯以上飲む女性の乳がん発生率は、ほとんど
飲まない女性より30%高かった。同社研究員は「毎日3杯以上の
飲酒が乳がん発生率拡大につながるのは、毎日1箱以上の喫煙が
肺がん発生率拡大につながるのと似た関係にある」と警告した。

 毎日1、2杯飲酒する女性の乳がん発生率も10%高かったため、
家族に乳がん患者がいる場合などは飲酒習慣に注意が必要だと
助言した。

----------------------------------------------------------
健康によい効果があると言われる、「赤ワイン」もだめだそうです。

胃がんの治療法

現在、胃がんの手術では腹腔鏡手術が盛んに行われはじめています
技術の進歩で全摘出であっても腹腔鏡により手術を行う病院も
あります。

代表的な治療法は次の4種類です

●手術
  手術は全ての病期の胃がんに対して一般的な治療法です。

・胃亜全摘術
  がんを含む胃の部分、隣接したリンパ節、腫瘍に隣接した
  他の組織や臓器を全て摘出します。

・胃全摘術
  胃全体、隣接したリンパ節、食道、小腸および腫瘍に隣接した
  他の組織の一部を摘出します。

・管腔内ステント留置術:
  管腔の開口を維持するためにステント(細く、拡張可能な管)を
  挿入する手法です。
  胃の開口を閉鎖する腫瘍に対しては、手術を行って患者が普通に
  食物を食べられるよう  に食道から胃までステントを留置する
  ことがあります。

・内視鏡的レーザー手術:
  レーザーを備えた内視鏡(細く、ライトの付いた管)を体内に
  挿入する処置です。

・電気焼灼術:
  電流を用いて熱を発生させる手法です。


●放射線療法
  体外照射もしくは体内照射により放射線をあて、がん細胞の
  縮小をおこないます。
  放射線療は痛みを伴う事や抜け毛などの副作用が発生する場合
  もあります。
  放射線療を行い細胞を小さくした上で、手術療法を行う場合も
  あります。


●科学療法(抗がん剤)
  抗がん剤を服用し患者自身のがんに対するもともとの抵抗力を
  高め方向づけしたり、回復させたりします。
  科学療法を行った後に手術療法を行う場合もあります。

●化学放射線療法
  化学放射線療法は、化学療法と放射線療法の両方を併用します。

子宮頚がんの治療法

代表的な治療法は次の3種類です

●手術療法

・円錐切除術
  生検を行う目的で子宮頚部および子宮頚管の組織を切除する
  手術の事です。
  円錐切除術は子宮頚部の状況を診断または治療するために実施
  されます。

・子宮全摘出術
  子宮全体を取り除く手術です。

・両側附属器切除術
  両側の卵巣と卵管のみを摘出する手術です。

・広範子宮全摘出術
  子宮頚部、子宮、腟の一部を摘出する手術です。
  卵巣、卵管および隣接するリンパ節も摘出する事もあります。

・骨盤内臓全摘術
  大腸、直腸および膀胱を摘出する手術です。
  この場合、人口肛門(ストーマ)を設置します。

・冷凍凝固手術
  異常組織を冷凍し、破壊するために行われます。

・レーザー手術
  レーザー光線をメスがわりに用いて細胞を無血で切ったり、
  がん病巣の表面を取り除く手術です。

・ループ式電気円錐切除法(LEEP):
  細い針金で作った輪に電流を通し、異常組織やがんを取り除く
  メスとして利用し手術を行います。


●放射線療法
  体外照射もしくは体内照射により放射線をあて、がん細胞の
  縮小をおこないます。
  放射線療は痛みを伴う事や抜け毛などの副作用が発生する場合
  もあります。
  放射線療を行い細胞を小さくした上で、手術療法を行う場合も
  あります。


●科学療法(抗がん剤)
  抗がん剤を服用し患者自身のがんに対するもともとの抵抗力を
  高め方向づけしたり、回復させたりします。
  科学療法を行った後に手術療法を行う場合もあります。

乳がんの治療法

乳がんでは乳房温存手術か非温存手術かが、
病院決定時のポイントとなります

代表的な治療法は次の4種類です

●手術療法
乳がんの患者さんのほとんどは、
がんを摘出するために手術療法を受けます。

☆乳房温存手術
 乳房温存手術ではの術式があります

・腫瘍切除
  腫瘍(しこり)とその周りの正常組織を少量摘出する手術です。

・乳房部分切除
  がんを含む乳房とその周りの正常組織の一部を摘出する手術です。
  乳房温存手術を行う場合は、生検により腋窩リンパ節の一部を
  摘出します。

☆乳房温存を行わない手術

・全乳房切除
  がんを持つ乳房全体を取り去ります。
  生検のために乳房の腋窩リンパ節を摘出する事もあります。

・非定型的根治乳房切除術:
  がんを持つ乳房全体、腋窩リンパ節の大部分、胸筋を覆う膜、
  ときには胸壁筋の一部を切除する手法です。

・定型的根治乳房切除術:
  がんを持つ乳房、胸壁筋と全ての腋窩リンパ節の切除を行います。


※乳房切除術を行う際には、乳房再建も可能です。
 再建する乳房は患者さん自身の(乳房以外の)組織を用いるか、
 食塩水あるいはシリコンジェルを満たしたバッグを用います。


●放射線療法
  体外照射もしくは体内照射により放射線をあて、がん細胞の
  縮小をおこないます。
  放射線療は痛みを伴う事や抜け毛などの副作用が発生する場合
  もあります。
  放射線療を行い細胞を小さくした上で、手術療法を行う場合も
  あります。


●科学療法(抗がん剤)
  抗がん剤を服用し患者自身のがんに対するもともとの抵抗力を
  高め方向づけしたり、回復させたりします。
  科学療法を行った後に手術療法を行う場合もあります。


●ホルモン療法
  ホルモン療法はホルモンを取り除き、がん細胞の増殖を停止
  させる治療です。
  タモキシフェンによるホルモン療法はよく初期の乳がんおよび
  転移性乳がんの方に適用されます。

直腸がんの治療法

直腸がんの治療方は次のものがあります。

●手術療法
直腸がんの場合、ほとんどが手術療法となります。

・局所切:
  がんが非常に早期の段階でみつかった場合のみ有効で、
  内視鏡等を利用し開腹せずにがんを切除します。

・切除:
  がんが大きければ直腸切除を行います。
    (周囲にある若干の正常組織を含めてがんを切除します)
  切除後は吻合します。
    (直腸の正常部と正常部や直腸と大腸、あるいは大腸と
     肛門を縫い合わせます)

・切除と人工肛門形成術もしくは肛門温存
  腸管同士を縫い合わせられないときは、便を排出するために
  ストーマ(開口部)をつくります。
  これは人工肛門形成術と呼ばれます。
  便を収集するためストーマの近くに袋が置かれます。
  人工肛門は直腸の病変が治癒するまでの間、一時的に造設され、
  そのあと閉じられることもあります。
  しかし、直腸すべてを切除した場合などは永久的に人工肛門を
  使用します。
  直腸がんの手術では、ここが病院選びのポイントとなります。
  現在は医療技術の進歩により下部直腸がんであっても肛門を
  温存する事が可能です。
  ただし、肛門を温存した場合は排便障害が残る可能性があります。
  生活リズムとQOLを考慮し病院選びを行う事が大切です。
  ※QOLとしては、永久人工肛門の方がよいと思います。
  肛門温存方といってもその実現方式は病院によりさまざまです。
  具体的にはどの筋肉を残すか?など大きな違いがあります。


●放射線療法
  体外照射もしくは体内照射により放射線をあて、がん細胞の
  縮小をおこないます。
  放射線療は痛みを伴う事や抜け毛などの副作用が発生する場合
  もあります。
  放射線療を行い細胞を小さくした上で、手術療法を行う場合も
  あります。


●科学療法(抗がん剤)
  抗がん剤を服用し患者自身のがんに対するもともとの抵抗力を
  高め、  方向づけしたり、回復させたりします。
  科学療法を行った後に手術療法を行う場合もあります。

直腸がん手術後の機能障害など

直腸がんにて開腹手術を行った場合、次の機能障害が起こる可能性が
あります。

●人工肛門方式、肛門温存方式のどちらでも起こる可能性があるもの
・排尿障害
・性機能障害

●人工肛門方式の場合
・びらんによる痛み
  人工肛門周りの皮が向け赤く腫れ、痛み・かゆみを伴う場合が
  あります

●肛門温存方式の場合
・排便障害
  肛門温存方式の術式は病院により大きく異なりますが
  肛門の筋肉の切除は避けられません。
  そのため、術式による違いや個人差はありますが、頻便/便漏れ
  の後遺症が残ります。

総合病院?専門病院?

私はがんセンターという専門病院でしたので
総合病院に関してはあまり知識がありませんが、
それぞれを比べてみます。

●専門病院

がんセンターについて説明します。
がん専門病院ですので、患者は全てがんです。
恐らく、初めていかれた方はこんなにも、がん患者がいるんだと
驚かれると思います。

逆に沢山がん患者がいるので、多少安心する事もできます。

また、入院時の病室も同室者は全てがんです。
お互い話も合い、雰囲気はいいです。
※がんと言えば、暗い雰囲気と思われるかもしれませんが
 実際は前向きな方が多いのです。

さらに、がん治療が揃っているという利点があります。

欠点としては、他に病気を持っていて通院されている方です。
がん専門病院ではがん以外の治療は行われません。
そのため、他病院へ通院が必要な方は病院から通院する事となります。


●総合病院
総合病院の利点を考えると
がん以外の病気への「即時対応が可能である」という事では
ないでしょうか?
例えば、がん以外に病気を持っている方は総合病院の方がよい
かもしれません。

また、総合病院には大学病院もあります。
大学病院は特化した研究をしている教授もいますので
ある特定の分野でのプロフェッショナル医師もいます。
ただし、大学病院は大学の延長であり研究色が強いという事
を忘れずに!
タグ:がん 病院

名医がいる病院(随時更新)

こちらは、全国の名医を随時紹介していきます。

直腸がん 肛門温存手術の名医
  久留米大学病院 白水教授
    外側の筋肉を残すという術式で温存手術をおこないます





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。