スポンサードリンク

直腸がんの治療法

直腸がんの治療方は次のものがあります。

●手術療法
直腸がんの場合、ほとんどが手術療法となります。

・局所切:
  がんが非常に早期の段階でみつかった場合のみ有効で、
  内視鏡等を利用し開腹せずにがんを切除します。

・切除:
  がんが大きければ直腸切除を行います。
    (周囲にある若干の正常組織を含めてがんを切除します)
  切除後は吻合します。
    (直腸の正常部と正常部や直腸と大腸、あるいは大腸と
     肛門を縫い合わせます)

・切除と人工肛門形成術もしくは肛門温存
  腸管同士を縫い合わせられないときは、便を排出するために
  ストーマ(開口部)をつくります。
  これは人工肛門形成術と呼ばれます。
  便を収集するためストーマの近くに袋が置かれます。
  人工肛門は直腸の病変が治癒するまでの間、一時的に造設され、
  そのあと閉じられることもあります。
  しかし、直腸すべてを切除した場合などは永久的に人工肛門を
  使用します。
  直腸がんの手術では、ここが病院選びのポイントとなります。
  現在は医療技術の進歩により下部直腸がんであっても肛門を
  温存する事が可能です。
  ただし、肛門を温存した場合は排便障害が残る可能性があります。
  生活リズムとQOLを考慮し病院選びを行う事が大切です。
  ※QOLとしては、永久人工肛門の方がよいと思います。
  肛門温存方といってもその実現方式は病院によりさまざまです。
  具体的にはどの筋肉を残すか?など大きな違いがあります。


●放射線療法
  体外照射もしくは体内照射により放射線をあて、がん細胞の
  縮小をおこないます。
  放射線療は痛みを伴う事や抜け毛などの副作用が発生する場合
  もあります。
  放射線療を行い細胞を小さくした上で、手術療法を行う場合も
  あります。


●科学療法(抗がん剤)
  抗がん剤を服用し患者自身のがんに対するもともとの抵抗力を
  高め、  方向づけしたり、回復させたりします。
  科学療法を行った後に手術療法を行う場合もあります。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。