スポンサードリンク

直腸がん手術後の機能障害など

直腸がんにて開腹手術を行った場合、次の機能障害が起こる可能性が
あります。

●人工肛門方式、肛門温存方式のどちらでも起こる可能性があるもの
・排尿障害
・性機能障害

●人工肛門方式の場合
・びらんによる痛み
  人工肛門周りの皮が向け赤く腫れ、痛み・かゆみを伴う場合が
  あります

●肛門温存方式の場合
・排便障害
  肛門温存方式の術式は病院により大きく異なりますが
  肛門の筋肉の切除は避けられません。
  そのため、術式による違いや個人差はありますが、頻便/便漏れ
  の後遺症が残ります。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。