スポンサードリンク

子宮頚がんの治療法

代表的な治療法は次の3種類です

●手術療法

・円錐切除術
  生検を行う目的で子宮頚部および子宮頚管の組織を切除する
  手術の事です。
  円錐切除術は子宮頚部の状況を診断または治療するために実施
  されます。

・子宮全摘出術
  子宮全体を取り除く手術です。

・両側附属器切除術
  両側の卵巣と卵管のみを摘出する手術です。

・広範子宮全摘出術
  子宮頚部、子宮、腟の一部を摘出する手術です。
  卵巣、卵管および隣接するリンパ節も摘出する事もあります。

・骨盤内臓全摘術
  大腸、直腸および膀胱を摘出する手術です。
  この場合、人口肛門(ストーマ)を設置します。

・冷凍凝固手術
  異常組織を冷凍し、破壊するために行われます。

・レーザー手術
  レーザー光線をメスがわりに用いて細胞を無血で切ったり、
  がん病巣の表面を取り除く手術です。

・ループ式電気円錐切除法(LEEP):
  細い針金で作った輪に電流を通し、異常組織やがんを取り除く
  メスとして利用し手術を行います。


●放射線療法
  体外照射もしくは体内照射により放射線をあて、がん細胞の
  縮小をおこないます。
  放射線療は痛みを伴う事や抜け毛などの副作用が発生する場合
  もあります。
  放射線療を行い細胞を小さくした上で、手術療法を行う場合も
  あります。


●科学療法(抗がん剤)
  抗がん剤を服用し患者自身のがんに対するもともとの抵抗力を
  高め方向づけしたり、回復させたりします。
  科学療法を行った後に手術療法を行う場合もあります。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。