スポンサードリンク

胃がんカテゴリの記事一覧

胃がんの治療法

現在、胃がんの手術では腹腔鏡手術が盛んに行われはじめています
技術の進歩で全摘出であっても腹腔鏡により手術を行う病院も
あります。

代表的な治療法は次の4種類です

●手術
  手術は全ての病期の胃がんに対して一般的な治療法です。

・胃亜全摘術
  がんを含む胃の部分、隣接したリンパ節、腫瘍に隣接した
  他の組織や臓器を全て摘出します。

・胃全摘術
  胃全体、隣接したリンパ節、食道、小腸および腫瘍に隣接した
  他の組織の一部を摘出します。

・管腔内ステント留置術:
  管腔の開口を維持するためにステント(細く、拡張可能な管)を
  挿入する手法です。
  胃の開口を閉鎖する腫瘍に対しては、手術を行って患者が普通に
  食物を食べられるよう  に食道から胃までステントを留置する
  ことがあります。

・内視鏡的レーザー手術:
  レーザーを備えた内視鏡(細く、ライトの付いた管)を体内に
  挿入する処置です。

・電気焼灼術:
  電流を用いて熱を発生させる手法です。


●放射線療法
  体外照射もしくは体内照射により放射線をあて、がん細胞の
  縮小をおこないます。
  放射線療は痛みを伴う事や抜け毛などの副作用が発生する場合
  もあります。
  放射線療を行い細胞を小さくした上で、手術療法を行う場合も
  あります。


●科学療法(抗がん剤)
  抗がん剤を服用し患者自身のがんに対するもともとの抵抗力を
  高め方向づけしたり、回復させたりします。
  科学療法を行った後に手術療法を行う場合もあります。

●化学放射線療法
  化学放射線療法は、化学療法と放射線療法の両方を併用します。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。